雀鬼の最近の記事

桜井章一氏は1960年代より麻雀の代打ちとして
20年間無敗のまま引退した伝説の雀士で、雀鬼と呼ばれています。

引退後は雀鬼会という麻雀団体を立ち上げ、
ここから多くの強豪雀士を輩出しました。

2015年度最強位戦を優勝した、
サイバーエージェント社長の藤田晋氏や「ノーマーク爆牌党」や
「打姫オバカミーコ」など数々の人気麻雀漫画の執筆で知られる
かたやままさゆき氏もこの雀鬼会出身です。

桜井章一氏の話に戻しますが、彼には様々な逸話が残っています。

例えばトリプルロンが流局となるルールの中で、
3人の共通の当たり牌を切り無失点で凌いだり、
一晩で九蓮宝燈以外の役満を全て和了したりとその伝説は枚挙に暇がありません。

予知能力も持つそうで、大リーガーのイチロー選手の10シーズン連続200安打の記録が
2011年に途切れることや、将棋の羽生善治氏の名人戦の敗北を
写真を一瞥しただけで予告するなどの話があります。
ただしこれらは実際にそれらが発生してからの発言です。

現在はいくつもの著書を出しているほか、
下北沢をはじめとして全国に「牌の音」という麻雀道場を主宰しています。
もし桜井氏の世界に触れたいのならば一度体験するのもおすすめです。

麻雀はルールさえ覚えれば簡単にできる遊びですが、
その分、奥は深く、明確な狙いと読みの力が求められます。

麻雀に弱い人は、点数計算ができない人が多いのが特徴です。
点数計算というのは、どれだけ役を知っているか、
親の時、子の時で点数の出入りがどれだけ違うか分かっていないとできません。

こうした計算が身についている人は、
あえてリーチをせずに待つこともできますし、
親には極力上がらせないといった戦力を立てられます。

点数計算ができないと、役もそこまで知らないし、
とにかく自分がなんとか上がることしか考えなくなります。

麻雀は賭け事でもあります。
ですので弱いと多額の借金、そしてキャッシングという事になるかもしれません。
ちなみにこういう場合はおまとめローンを利用しましょう。
ですが、賭け事などしょうもないことで多額の借金を作らないように気をつけましょう。

麻雀は基本的に4人で行う遊びです。
ロンをするにも、相手なしには成立しません。
相手を観察できるかどうかも大事なのです。
弱い人の特徴は、こうした余裕のなさにも現われます。

麻雀が弱い人の最大の特徴は、守りに徹しすぎて勝負に出られないことです。
相手に振り込んだらその分点差は広がっていきます。
ですので、相手にリーチがかかると捨て牌に戦々恐々してしまいます。

ri-chi.jpg

しかしながら、それは他の人にも言えることです。
例えば、リーチをかけられたなら安い役で上がればいいのです。
相手はリーチするために1000点棒を出しています。その分を戴けるのです。
必要なのは、麻雀の点数計算の知識と経験です。

麻雀は相手の点数を奪い合う遊びです。
この点数の計算が苦手であれば、勝ち目はありません。

普段の生活をまず見つめなおしてみてください。

家計の出費などは把握していますか?
即日キャッシングできる女性専用キャッシングなどを利用していませんか?

お金の計算ができないという人は、麻雀で鍛えるのもいいかもしれません。

麻雀では自らが相手に点数を渡す展開、
自分が切った牌によって上がられないようにすることが求められます。

こういうのを振り込むと言いますが、
振り込ませないことが麻雀においてとても大切です。
例えば、自分が切った牌で相手に上がられた場合、
その役が3000点だったら、お互いに25000点持ってたとして、
振り込んだ自分は22000点、その相手は28000点になります。

つまり、1回振り込んだだけで同点だった点差が6000点にまで広がってしまいました。
いくら途中まで大量にリードしたとしても、
最後の最後で役満などを振り込んでしまえば全てが水の泡です。

yakuman.JPG

振り込まないためにどうすればいいかを考えましょう。
そのために、他の人の捨て牌を必ず確認しましょう。

自分が持っているわけではないのに字牌が出てこないとか、
リーチをかけた後、この牌を切ればセーフかといったように、
なるべく振り込まないようにしましょう。

当然、攻めなければ麻雀は勝てませんが、捨て牌の確認は攻める時に必要です。
ここの場は自分が上がることだけ考えるとか、この狙いはやめようとか、
捨て牌を見ればやっていくうちに分かるようになります。

大事なことは相手を観察すること、そしてむやみに牌を切らないことです。